Top


スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

スパイウェアとウィルスの違いは何なのか?

スパイウェアの詳細について前回はお話しました。

次は、スパイウェアとウィルスの違いについてご紹介しますね。
スパイウェアもウィルスもあなたのパソコンに侵入することは同じですが、ウィルスの方がもっと厄介です。

スパイウェアの場合はウィルスのように感染や破壊活動をすることはまずなく、もっぱら個人情報の収集に用いられています。

ウィルス感染してしまうと、あなたのパソコンが最悪は壊れてしまいます。私もウィルス対策ソフトをインストールしていない時にウィルス感染してしまい、パソコンを買ったときの状態に戻すリカバリーという作業を行いました。あれは1日掛かるので大変です。

ほとんどのスパイウェアはユーザーにその存在を知らされることなく侵入しますが、一部には作者、もしくは企業自らスパイウェア入りのツールであることを公言し、それを利用者に認識させたうえで使用するか否かを求める場合もあります。

たとえば「スパイウェアによるマーケティングを行うかわりに無料でソフトを提供します。それを了承出来る人だけインストールをしてください」という規約など。

スパイウェアであることを公言する人はいないと思った方がいいと思います。稀です。

そうした事情もあって長い間ウィルスとは区別され、ウィルス対策ソフトではスパイウェアを検出できませんでした。

しかし近年のマルウェア(ウィルスやスパイウェアなど悪意のあるソフトウェアの総称)の猛威にNorton AntiVirus 2008 ウイルスバスター2008といったウィルス対策ソフトにスパイウェア検出機能がつくなど、ウィルスだけでなくマルウェア全般を対象にした対策ソフトが増えてきました。

しかし、スパイウェアの検出率はまだ低いようです。
ウィルス対策ソフトは年々進化していきます。毎年のように新種のスパイウェアやウィルスが出てくるからです。

あなたのパソコンにウィルス対策ソフトがインストールされていないのであれば、必ずインストールしてください。

次は、無料スパイウェア対策ソフト「AD-AWARE」についてご紹介します。

参考文献:Enchanting Sky
http://enchanting.cside.com/security/spyware.html

タグ:   
posted by スパイウェア at 12:00 | スパイウェアとウィルスの違いとは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。